島根観光

島根で人気の観光スポットを出雲観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。「どこにあるか分からない県ランキング」の1位になってしまったこともある島根県ですが、出雲大社は全国的に知られており、国宝の松江城をはじめ歴史的な観光地が目白押しです。日本海に面しているため、美保関灯台、日御碕、石見畳ヶ浦や琴ヶ浜などの観光名所も見逃せませんね。出雲観光タクシー、出雲貸切タクシー、出雲ハイヤーの事なら【出雲観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

島根 八重垣神社

出雲観光タクシー BLUEBLUEは、島根県出雲市にて、出雲観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービスグループです。

 

島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
島根観光 島根 八重垣神社
出雲観光タクシー BLUEBLUEが紹介するまでもなく、テレビ等でみなさんご存じの縁結びの神社です。八重垣神社は、島根県松江市にある神社です。旧称佐久佐神社です。式内社(論社)で、旧社格は県社です。意宇六社の一社です。出雲國神仏霊場第十四番。素戔嗚尊と櫛稲田姫の事故から縁結びの神社として信仰を集めます。素戔嗚尊と櫛稲田姫を主祭神をし、大己貴命、および『出雲国風土記』意宇郡大草郷条で須佐乎命の子として記載され青幡佐久佐日古命を配祀します。社伝によれば、素戔嗚尊(スサノオ)が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)と退治した後、「八雲立つ出雲八重垣妻込みに八重垣造る其の八重垣を」と詠んで櫛稲田姫との住居を構えたという須賀(現在の雲南市大東町須賀)の地(須賀神社)に創建され、後に、青幡佐久佐日古命が祀られる佐久佐神社の境内に遷座したといいます。佐久佐神社という名前は延喜式神明帳(えんぎしきじんみょうちょう)に記載されているが、式内・佐久佐神社は当社の他、同市大草町の六所神社(ろくしょじんじゃ)も論社となっています。元慶(がんぎょう)2年(878年)に正五位上の神階を授かりました。佐草氏が神職として奉仕し、近世には八重垣大明神と称されました。明治5年(1872年)、佐久佐神社は八重垣神社を合祀して郷社に列格し、明治9年(1876年)に県社に昇格しました。明治11年(1878年)に八重垣神社に改称しました。昭和56年(1981年)に神社本庁の別表神社に加列されました。社殿後方には「奥の院」が鎮座し、「鏡の池」と呼ばれる神池や「夫婦杉」と呼ばれる2本の大杉、「連理の椿」があります。「鏡の池」は櫛稲田姫命がスサノオミコトに勧められ、この社でヤマタノオロチから身を隠している間、鏡代わりに姿を映したと伝えられるもので、良縁占い(銭占い)が行われます。社務所で売られている薄い半紙の中央に、小銭を乗せて池に浮かべると、お告げの文字が浮かぶという手法です。紙が遠くの方へ流れていけば、遠くの人と縁があり、早く沈めば、早く縁ずくと言われます。このため、軽い1円玉を使うのを避け、10円玉もしくは100円玉で占いを行います。また、紙の上をイモリが横切って泳いでいくと、大変な吉縁に恵まれると言います。1970年代頃に、この「鏡の池」に賽銭泥棒が出没して以来、池の底には目の大きめな金網が張られるようになりました。

 

 

出雲観光タクシー BLUEBLUE