島根 玉作湯神社

島根観光

 

島根で人気の観光スポットを出雲観光タクシー BLUEBLUEがご案内します。「どこにあるか分からない県ランキング」の1位になってしまったこともある島根県ですが、出雲大社は全国的に知られており、国宝の松江城をはじめ歴史的な観光地が目白押しです。日本海に面しているため、美保関灯台、日御碕、石見畳ヶ浦や琴ヶ浜などの観光名所も見逃せませんね。その他、八重垣神社を筆頭に、玉作湯神社や熊野大社、一畑薬師、須佐神社など、縁結びの観光スポットも注目を浴びています。世界遺産の石見銀山も注目のスポットです。出雲観光タクシー、出雲貸切タクシー、出雲ハイヤーの事なら【出雲観光タクシー BLUEBLUE】にお任せください。

島根 玉作湯神社

 

出雲観光タクシー BLUEBLUEは、島根県出雲市にて、出雲観光タクシーや貸切タクシー、またハイヤーの営業を展開しております観光サービス会社です。

 





























 

広島観光タクシー BLUEBLUEのオススメは、願いが叶うと言われている、願い石です。自分も、遊漁船の船長にあると言う願いが叶いましたよ。願い石に、願いを願ってみてはいかがですか?玉作湯神社は、島根県松江市玉湯町玉造にある神社です。式内社で、旧社格は県社です。神紋は「二重亀甲に丸玉館玉匂玉」。紙名の「玉作湯神」に関しては、「玉作神」と「湯神」の二元的性格が私的されます。前者の「玉作」とは玉類(匂玉・管玉・丸玉など)の製作を意味します。鎮座地の花仙山一帯は出雲地方における玉作の中心地とされ、弥生時代末期に始まる玉作遺跡(国の史跡「出雲玉作跡」)が濃密に分布するほか、遺跡からの出土品の一部は玉作湯神社に所蔵され国の重要文化財に指定されています。また当地一帯は『出雲国風土記』に見える「忌部神戸」に比定されることから、玉作湯神社は忌部氏(斎部氏)の管掌下で玉類製造にあたった玉作部により奉済されてものと推測されています。『古語拾遺(こごしゅうい)』では櫛明玉名が出雲国玉作の祖である旨が記されており、現在の玉作湯神社ではこの櫛明玉名を祭神の1柱に祀っています。また同書では、天富命が斎部諸氏を率いて名種神宝を作らせたうち、櫛明玉名の子孫には「御祈玉(みほきたま)」を作らせ、その櫛明玉命の後裔は出雲国にあって毎年調物と併せて玉を貢進する旨が記されてますが、実際に『延喜式』臨時祭では毎年10月に出雲国意宇郡の神戸玉作氏が玉を進上する旨が規定されています。後者の「湯神」の性格は、玉造温泉が神の湯として信仰されたことに関係します。現在の祭神のうち大名持神(大国主神)と少彦名神については、『伊予国風土記』逸分に道後温泉にまつわる伝承が記されており、その関係で両神は湯の神として当地に勧請されたものと推測する説があります。なお、残る祭神の五十猛神は、『同社坐韓国伊太?神』の祭神とされます。この「韓国伊太?神(からくにいだてのかみ)を祀る社は、『延喜式』神名帳では出雲国のみながら6社も見られる特異な存在で、「韓国」を冠することから朝鮮半島からの招来神と推測されています。

 

 

出雲観光タクシー BLUEBLUE

 

広島観光タクシー BLUEBLUE